top of page
  • 執筆者の写真和田みつり

まぐろとAIマッチングのパーティー

今回のパーティーで面白かったことがある。


前回ワインの格付けチェックをした時の参加メンバーは1人だけ結婚相談所に入会していた。


今回は三分の2が結婚相談所に入会している人だった。


ワイン会の時は女性もガンガンにお酒を飲み、自分からどんどん男性に話しかけ会は盛り上がっていた。


多分マッチングアプリを積極的にやったり、合コンなども好きそうな男女が集まっていた様に思う。


日常の自然な中で自分は出会いがあるし、お金を出してまで婚活したいと思わない人。


マッチングアプリにいる多種多様な人の中にいても見極め力があって、簡単に騙されないし、それをうまく使える女性達だと思う。


男性達もマッチングアプリで友達探しが上手そう。


今回手巻き寿司のマグロに参加した女性全員ノンアルコール。

日本酒が美味しく飲み放題だったけれど。


どちらかというと男性が話しかけて答える人が多い。

決して大人しいというわけではないが、多分パーティー慣れしていないのだろう。


盛り上がっていないかというとそういうわけではないけれど、盛り上がり方が違うというのだろうか。。。。


両方のパーティーに参加したA君は相談所にはいっていない。


彼の様子を見ていると面白かった。


ワイン会ではおとなしく、「大勢のパーティーは苦手です」と言いながら


今回のマグロでは中心になって生き生きと話をしていた。


パーティーが終わって彼と話した時、「自分でも今日の方が自然でいられました」とのこと。


彼にはアグレッシブな女性より、奥手っぽい女性の方が合うということに気づいたそうだ。


最後にお礼のメールを送って「気に入った人がいたらお繋ぎします」というと

マグロに参加していた男性はほとんどが誰かしらの名前をあげてもう一度会いたいと言った。


でもワイン会の時は1回きりで終わりという人がほとんどだった。


あんなに楽しそうに盛り上がっていたのに。


お互い、男女としては見れなかったのか。


又次のパーティーに行くのだろう。


同じようなパーティーで年代も同じなのに、こうも違うんだなと

面白い発見をさせてもらった。


A君は間違いなく結婚相談所向き。。。










最新記事

すべて表示

婚活が続けられない女性

ここにはいい人がいません。 会いたい人がいません。 そういう女性はだいたいやめていく。 続けることができない。 IBJが約9万人 TMSが約8万人 その中で会ってみたい人がいないという。 共通するのは自分が申し込んだスペックの良い男性からことごとく断られるケースだ。 プライドだろうか。 今はマッチングアプリがあるけれど、 スペックの高い男性を求める女性はマッチングアプリでだまされる率が高いと言われ

家事が一番重要?

相談所から電話。 「御社の会員男性の事で聞いてほしいというのでお聞きします。」 「○○番号の方ですが家事はちゃんとやれますか?どのぐらいやれますか?」 唐突な質問だった。 「もちろん大丈夫です。彼は一人暮らしが長いので全然心配はありません.......」と答えたら 安心して女性に伝えるのだろう。 それを聞いて女性は申し込むのだろうか。 プロフィールを見た段階でお見合いにもなっていないのにカウンセラ

条件に合う女性を探す男性

女性はお相手の男性に対して学歴や年収など普通以上という漠然とした条件を最初に選ぶ傾向にある。 男性は顔と年齢で選ぶ人が多い。 今回会員の相手の男性は彼女がリモートであることも条件だったようだ。 自分が地方に住む親と同居する時にリモートだとどこでも行けるからだと。 子供ができたときの教育や二人の生活など人生設計がすべてできているようでそんな話のオンパレード。 そもそも仮交際2回しか会っていないから彼

Comments


bottom of page