top of page
  • 執筆者の写真和田みつり

もてそうなのにもてない男性1位けち

映画を見に行った時、僕チケット買っておいたからと渡されて

    

「ありがとう」っていったらチケット代を要求。

    

34歳と46歳  そんなに年が離れてるならチケット代ぐらい出しましょうよ。


居酒屋さんに行って、自分がボトルいれて沢山飲んだのに割り勘


どういうこと?


プロポーズのダイヤの指輪。年収が1000万以上あるのに安い石を買って


さも高そうにダイヤのまわりをプリザーブドのお花で埋めつくす。


一見豪華。


その値段知っていますけれど。


いつも御馳走する男性。


「僕 美食家というほどではないですけれど美味しいお店にお連れするのが好きなんです。」


ある時、女性に振られた。


「納得がいかない。」


「今までどこに行っていくら彼女に使ったか全部領収書とってあります。


女性に請求したいんですけれど。」


怖い。。。。そんなの無理でしょ。


箱根にデート。


「ガソリン代とか出そうとしないんですよ。」


「だから飲み物も割り勘にしました。」


堂々と言う。


様々な例だけど


男性達年収は800万以上。


年収がある男性を好む女性達。


年収の高い男性にケチは多いですよ。












最新記事

すべて表示

婚活が続けられない女性

ここにはいい人がいません。 会いたい人がいません。 そういう女性はだいたいやめていく。 続けることができない。 IBJが約9万人 TMSが約8万人 その中で会ってみたい人がいないという。 共通するのは自分が申し込んだスペックの良い男性からことごとく断られるケースだ。 プライドだろうか。 今はマッチングアプリがあるけれど、 スペックの高い男性を求める女性はマッチングアプリでだまされる率が高いと言われ

家事が一番重要?

相談所から電話。 「御社の会員男性の事で聞いてほしいというのでお聞きします。」 「○○番号の方ですが家事はちゃんとやれますか?どのぐらいやれますか?」 唐突な質問だった。 「もちろん大丈夫です。彼は一人暮らしが長いので全然心配はありません.......」と答えたら 安心して女性に伝えるのだろう。 それを聞いて女性は申し込むのだろうか。 プロフィールを見た段階でお見合いにもなっていないのにカウンセラ

条件に合う女性を探す男性

女性はお相手の男性に対して学歴や年収など普通以上という漠然とした条件を最初に選ぶ傾向にある。 男性は顔と年齢で選ぶ人が多い。 今回会員の相手の男性は彼女がリモートであることも条件だったようだ。 自分が地方に住む親と同居する時にリモートだとどこでも行けるからだと。 子供ができたときの教育や二人の生活など人生設計がすべてできているようでそんな話のオンパレード。 そもそも仮交際2回しか会っていないから彼

ความคิดเห็น


bottom of page