top of page
  • 執筆者の写真和田みつり

アメリカとの遠距離恋愛 祝成婚!!

遠距離恋愛はそもそも難しい。


日本でも難しいのにまして海外は特に。


そばにいる男性と交際していて頻繁に会うとオンラインデートをしている相手より

そっちを選ぶ。


第一段階 お互いの条件がマッチしなければならない。年齢や学歴や見た目など。


お見合いから仮交際になった時、頻繁にLINE通話をしたり、かなり二人の努力がないと続かない。


彼が検索で相手の女性を選ぶとき、「留学」 とか 「語学」 「トイック」などを入力したらしい。


海外に興味がある人 留学経験がある人 仕事で海外とやり取りしている人など


全く興味のない人を選んでも時間の無駄になる。


私も個人的に知り合いの仲人さんに留学経験がある女性や海外で仕事している人など紹介してもらった。


今の時代、海外で仕事をしてる女性の多い事に愕いた。凄い!


彼の住んでいる地域はニューヨークやロサンゼルスのような華やかな場所ではないので


そういう場所の理解も必要だ。 夏は40℃50℃になるらしい。


彼が何から何までお世話しなくてもひとりでやっていける人でないと厳しいそうだ。


そのためにはある程度語学もできないとだめだ。

 

うちの男性はいつアメリカから日本に帰れるかわからない。


それを理解してもらえるってなかなか難しい。


そういうことを理解した上で、


仮交際になって 


オンラインだけのデート


一時帰国した時のオンラインとリアルの微妙な差


そして大事な二人の相性


こういうのをクリアすることは非常に難しかった。


でも本人はあきらめず頑張った!!


お相手女性は1100万の年収がある、なかなかしっかりした女性らしい。


彼は癒しのある女性が好きだったけれど、彼の条件を聞いているとこういう女性の方が合っているように思う。


入会して成婚退会まで1年1ヵ月 彼女と交際~成婚まで4カ月


なんとなくマッチングアプリでダラダラやっているより


1年間結婚相談所で活動してみてはどうだろう。


短期決戦!結婚までの近道だと思う。








最新記事

すべて表示

婚活が続けられない女性

ここにはいい人がいません。 会いたい人がいません。 そういう女性はだいたいやめていく。 続けることができない。 IBJが約9万人 TMSが約8万人 その中で会ってみたい人がいないという。 共通するのは自分が申し込んだスペックの良い男性からことごとく断られるケースだ。 プライドだろうか。 今はマッチングアプリがあるけれど、 スペックの高い男性を求める女性はマッチングアプリでだまされる率が高いと言われ

家事が一番重要?

相談所から電話。 「御社の会員男性の事で聞いてほしいというのでお聞きします。」 「○○番号の方ですが家事はちゃんとやれますか?どのぐらいやれますか?」 唐突な質問だった。 「もちろん大丈夫です。彼は一人暮らしが長いので全然心配はありません.......」と答えたら 安心して女性に伝えるのだろう。 それを聞いて女性は申し込むのだろうか。 プロフィールを見た段階でお見合いにもなっていないのにカウンセラ

条件に合う女性を探す男性

女性はお相手の男性に対して学歴や年収など普通以上という漠然とした条件を最初に選ぶ傾向にある。 男性は顔と年齢で選ぶ人が多い。 今回会員の相手の男性は彼女がリモートであることも条件だったようだ。 自分が地方に住む親と同居する時にリモートだとどこでも行けるからだと。 子供ができたときの教育や二人の生活など人生設計がすべてできているようでそんな話のオンパレード。 そもそも仮交際2回しか会っていないから彼

Kommentarer


bottom of page