top of page
  • 執筆者の写真和田みつり

ブログについて

私は文章が下手だ。


先日ある中大手の結婚相談所がこれからコラムを書く人を候補者から選ぶんだと言っていた。


時々経営者の交流会に出るとブログやらコラムを書きますと営業されることがある。


下手だから書いてほしいけれど、そんな予算がないから泣く泣くお断わりしなければならない。


ただ、代わりに書いてもらった文章に私の思いを乗っけられるのだろうかという思うもある。


強がりか。。。。



知りあいの相談所のホームページにもこれからどんどんコラムが載るのだろうな。


そういう人の文章って本当に上手。


又別の相談所に、今お金をかけて作っているという途中の段階のホームページを見せてもらった。


さすが!!お金をかけているだけあって、


すごくおしゃれ。


センスがあるし、構成もよく見やすい。


娘たちには今の若い女性は目から入ってくるビジュアルが大事だとさんざん言われるけれど


仕方ない。


手作り感満載だけれど、ホームページのトップ画面に載っている男女は、

昨年結婚した娘夫婦だし(笑)


他の写真を色々探してみたけれど、見つからず、使わせてもらった。


娘たちのあの写真は本当に幸せそうで、私のお気に入り。


そんな私ですが、これからも皆さんの婚活に役に立つ情報や、婚活の裏側の話を書いていきます。


気楽に読んで下さいね。


いつもありがとうございます。

最新記事

すべて表示

婚活が続けられない女性

ここにはいい人がいません。 会いたい人がいません。 そういう女性はだいたいやめていく。 続けることができない。 IBJが約9万人 TMSが約8万人 その中で会ってみたい人がいないという。 共通するのは自分が申し込んだスペックの良い男性からことごとく断られるケースだ。 プライドだろうか。 今はマッチングアプリがあるけれど、 スペックの高い男性を求める女性はマッチングアプリでだまされる率が高いと言われ

家事が一番重要?

相談所から電話。 「御社の会員男性の事で聞いてほしいというのでお聞きします。」 「○○番号の方ですが家事はちゃんとやれますか?どのぐらいやれますか?」 唐突な質問だった。 「もちろん大丈夫です。彼は一人暮らしが長いので全然心配はありません.......」と答えたら 安心して女性に伝えるのだろう。 それを聞いて女性は申し込むのだろうか。 プロフィールを見た段階でお見合いにもなっていないのにカウンセラ

条件に合う女性を探す男性

女性はお相手の男性に対して学歴や年収など普通以上という漠然とした条件を最初に選ぶ傾向にある。 男性は顔と年齢で選ぶ人が多い。 今回会員の相手の男性は彼女がリモートであることも条件だったようだ。 自分が地方に住む親と同居する時にリモートだとどこでも行けるからだと。 子供ができたときの教育や二人の生活など人生設計がすべてできているようでそんな話のオンパレード。 そもそも仮交際2回しか会っていないから彼

Comments


bottom of page