top of page
  • 執筆者の写真和田みつり

仮交際中に借金を確認。

年収があっても借金のある男性はいる。


車やマンションなどのローンという話ではなく。


以前も真剣交際になり結婚しようという話になった時


男性見た目も爽やか。ハイスペック男性だった。


彼が「話しておきたいことがある」と言った。


「何?」


「実は来年ドイツからヨットが届く。」


「?」


「僕の夢は今の仕事をおやめてヨットに乗るユーチューバーになりたいんだ」


(???もう40近いですよね?)


「それで2000万ほど借金があるのと


日本にきてもヨットを湘南とかいっぱいで置けないから


地方に停泊させなければならない。


そのためメンテナンスも含め、来年ヨットがきたら、月に2回は泊りがけで地方に行かなければならない。」


借金の返済だけでなくずっと維持費がかかる。


40近い二人。彼女は初めて聞く話に唖然とした。


「頑張って!私も応援するからっていう気持ちになるのにはもう年がいきすぎています。


無理です。」


借金の話は交際から真剣交際になる手前で男女共に話した方が良い。


家のローンも含め。


話すタイミングを逃すとどんどん言いづらくなるものだ。


以前は男性から女性の借金について調べてほしいと言われた。


「女性の借金って?」


それは奨学金の話だった。


大学院までいっていると40歳ぐらいでも返し続けているそうだ。


「そういうのもだめですか?」


「僕がその借金を返すのはおかしいですから。借金のない人を希望します」


彼女も彼に返してほしいとは思っていないだろうけれど


こういう考え方をする男性の何ともいえない心の冷たさを感じるのは私だけだろうか。


最新記事

すべて表示

婚活が続けられない女性

ここにはいい人がいません。 会いたい人がいません。 そういう女性はだいたいやめていく。 続けることができない。 IBJが約9万人 TMSが約8万人 その中で会ってみたい人がいないという。 共通するのは自分が申し込んだスペックの良い男性からことごとく断られるケースだ。 プライドだろうか。 今はマッチングアプリがあるけれど、 スペックの高い男性を求める女性はマッチングアプリでだまされる率が高いと言われ

家事が一番重要?

相談所から電話。 「御社の会員男性の事で聞いてほしいというのでお聞きします。」 「○○番号の方ですが家事はちゃんとやれますか?どのぐらいやれますか?」 唐突な質問だった。 「もちろん大丈夫です。彼は一人暮らしが長いので全然心配はありません.......」と答えたら 安心して女性に伝えるのだろう。 それを聞いて女性は申し込むのだろうか。 プロフィールを見た段階でお見合いにもなっていないのにカウンセラ

条件に合う女性を探す男性

女性はお相手の男性に対して学歴や年収など普通以上という漠然とした条件を最初に選ぶ傾向にある。 男性は顔と年齢で選ぶ人が多い。 今回会員の相手の男性は彼女がリモートであることも条件だったようだ。 自分が地方に住む親と同居する時にリモートだとどこでも行けるからだと。 子供ができたときの教育や二人の生活など人生設計がすべてできているようでそんな話のオンパレード。 そもそも仮交際2回しか会っていないから彼

Comments


bottom of page