top of page
  • 執筆者の写真和田みつり

会員さんの本音

結婚相談所って会員さんの本音だったり本当の姿だったりが見えるところのように思う。


ほんの一部ではあるが驚くことはある。


50代女性 「どんな方がいいとか希望はありますか?」


「私に会ってくれるような人がいればそれだけで」


なんて謙虚な事を言っていたけれど、彼女の求めている希望の年収欄をみたら


2000万!!!  


紳士的に見えて謙虚な男性だと思って半年ぐらい活動していた時


真剣交際に進みたいと思っていたぐらい気に入っている女性にふられた。


理由は「なんとなく違う気がする」と。


それに対して「何となくとはなんだ!!論理的に説明しろ!!納得できない。


今まで彼女に支払った食事などすべて請求する。弁護士に相談する」


彼をなだめるのに1ヵ月かかった。


結婚相談所は世の中の縮図。


いい人もいれば普通の人もいるし私からは理解に苦しむ人もいる。


だけど不思議なものでたったひとりお相手がいればいい。


とてもケチな人がいた。


30代男性


お見合い場所は絶対カフェ。ホテルのラウンジはNG

デートは公園もしくはファミレス。


仮交際になった女性は2回目ぐらいで皆終了。


それでも彼のスタンスは変わらなかったけれど


そういう節約家の人がいいという女性と出会って結婚していった。


たった一人わかってくれる人がいればいい。


私のところは紹介がほとんどだけど、紹介者に見せていない顔を相談所では見せてくる。


結婚という一大事にその人の本音や性格が出てくる。


いくら怒っても、ふてくされても、結婚が決まると


「あの時はすみませんでした」っていう人もいるし


あの騒ぎはなかったかのようにただただ喜んで退会していく会員さんもいる。


とりあえず そういう人の婚が決まると 本当に本当にほっとする。



最新記事

すべて表示

婚活が続けられない女性

ここにはいい人がいません。 会いたい人がいません。 そういう女性はだいたいやめていく。 続けることができない。 IBJが約9万人 TMSが約8万人 その中で会ってみたい人がいないという。 共通するのは自分が申し込んだスペックの良い男性からことごとく断られるケースだ。 プライドだろうか。 今はマッチングアプリがあるけれど、 スペックの高い男性を求める女性はマッチングアプリでだまされる率が高いと言われ

家事が一番重要?

相談所から電話。 「御社の会員男性の事で聞いてほしいというのでお聞きします。」 「○○番号の方ですが家事はちゃんとやれますか?どのぐらいやれますか?」 唐突な質問だった。 「もちろん大丈夫です。彼は一人暮らしが長いので全然心配はありません.......」と答えたら 安心して女性に伝えるのだろう。 それを聞いて女性は申し込むのだろうか。 プロフィールを見た段階でお見合いにもなっていないのにカウンセラ

条件に合う女性を探す男性

女性はお相手の男性に対して学歴や年収など普通以上という漠然とした条件を最初に選ぶ傾向にある。 男性は顔と年齢で選ぶ人が多い。 今回会員の相手の男性は彼女がリモートであることも条件だったようだ。 自分が地方に住む親と同居する時にリモートだとどこでも行けるからだと。 子供ができたときの教育や二人の生活など人生設計がすべてできているようでそんな話のオンパレード。 そもそも仮交際2回しか会っていないから彼

Comments


bottom of page