top of page
  • 執筆者の写真和田みつり

婚カツの内容は年代によって変わってくる

女性は30代前半までは自分で自由にお金を使い、仕事も順調で、友達もいるし

このまま一人でもいいかなと思う。


30代後半になって周りを見ると結婚している友達が増えるし、仕事もこのままでいいのかなと悩み始めたりする。

そして子供を産む限界に焦り始める。


パーティーでマッチングした男性に「結婚したら妊活に協力してくれるか 」と聞いたら

マッチングが壊れたケースもある。

多額のお金をかけてまで妊活はしたくないと男性は言った。


40代にはいると子供をあきらめるかどうするか女性は悩むけど、

大半の男性は40代女性に子供は無理だと決めつけてくる。


結婚諦め、マンション買うか ペットを飼うか


40代後半になると更年期障害もでたり、体力、あらゆる衰えを感じてくる。

そして段々と親御さんの介護の問題が出てくる。


母一人息子一人同居 なんていう家族構成も多くなる。

寿命からお父さんの方が先に亡くなるケースは多いから。


プロフィールの欄を見て、結婚イコールお義母さんの介護になりそうだと思って

母一人息子一人同居している男性を女性は敬遠する。


男性は結婚したらお母さんは施設に入る予定とか、別に住む事になっているとかを明記しないと難しくなる。


そういううちの会員男性に「女性はお姑さんと同居したがらないからね。」と話したら「え?そうなんですか」と驚く。

驚くことに驚く。


「あなたはお相手の親御さんとの同居は平気?」と聞くと

「それはちょっと......」という。


どういうこと? どういうこと?


50代になるともっとはっきり プロフィール欄に親御さんがいるかどうか確認する女性も増える。

プロフィル交換会でも、「この男性身軽だから」といわれる場合

ご両親は亡くなっていることを意味する。

それがその男性の一つの売りなる。


長く夫婦でいたらお互いの両親の面倒は自然とみるものだと思うけれど


親御さんとの関係性がゼロなのに、介護をするために結婚はしたくないと思う女性の気持ちは当然わかる。


とはいえ、女性も年老いた親と一緒に住んでいると昔は結婚してほしいと思っていた親も

今では年を取り、病気でもすると不安になるから、

娘がそばにいつまでもいてくれることを望む。


若い人がそばにいるのは老夫婦にとって心強い。


時々婚活女性の親が茶々を入れることはある。


このままそばにいてほしいと願う親の気持ち その年代の私もわからなくはない。


でも親の介護が終わった時はもうかなり歳をとってしまっている現実。


あなたの幸せは?


男性60代になると、現役で仕事を続けているか、年金暮らしか、に分かれていく。

そして家を持っているか賃貸かが特に大きな問題になってくる。

持ち家でない男性は女性から人気がない。


そして子供がいると財産問題が出てくる場合も多い。

この年になっていきなりお母さんといわれる人が現れて、財産半分持っていかれるのは子供として納得いかないのだろう。


だから

男性も女性も自分の事だけを考えていい内に

さっさと結婚した方が良い。



最新記事

すべて表示

婚活が続けられない女性

ここにはいい人がいません。 会いたい人がいません。 そういう女性はだいたいやめていく。 続けることができない。 IBJが約9万人 TMSが約8万人 その中で会ってみたい人がいないという。 共通するのは自分が申し込んだスペックの良い男性からことごとく断られるケースだ。 プライドだろうか。 今はマッチングアプリがあるけれど、 スペックの高い男性を求める女性はマッチングアプリでだまされる率が高いと言われ

家事が一番重要?

相談所から電話。 「御社の会員男性の事で聞いてほしいというのでお聞きします。」 「○○番号の方ですが家事はちゃんとやれますか?どのぐらいやれますか?」 唐突な質問だった。 「もちろん大丈夫です。彼は一人暮らしが長いので全然心配はありません.......」と答えたら 安心して女性に伝えるのだろう。 それを聞いて女性は申し込むのだろうか。 プロフィールを見た段階でお見合いにもなっていないのにカウンセラ

条件に合う女性を探す男性

女性はお相手の男性に対して学歴や年収など普通以上という漠然とした条件を最初に選ぶ傾向にある。 男性は顔と年齢で選ぶ人が多い。 今回会員の相手の男性は彼女がリモートであることも条件だったようだ。 自分が地方に住む親と同居する時にリモートだとどこでも行けるからだと。 子供ができたときの教育や二人の生活など人生設計がすべてできているようでそんな話のオンパレード。 そもそも仮交際2回しか会っていないから彼

Комментарии


bottom of page