top of page
  • 執筆者の写真和田みつり

婚活の成功の法則

入会した時に会員さんには目標設定してもらう。


いつがゴールか。


今6月だから12月 クリスマスが目標設定しやすい。


去年のクリスマスは?って聞くと女性は「結婚していない友達と食事してました」っていうのが多いし


男性はほとんど覚えていない。


じゃあ12月をゴールにするためには


9月 10月には真剣交際に進んでいたほうがいい。


じゃあこの4カ月 仮交際に進む人は2人か3人ぐらい いたらよいだろうかと話す。


仮交際が多すぎると名前を間違えるし、良い結果に繋がらない。


そのためには月に何人お見合いするのが良いかはその人の性格によると思う。


初めて会う人とのおしゃべりがとても疲れてしまう女性もいる。


一日2人 お見合いしても大丈夫という人もいる。


仮交際も1人とじっくり会っていきたい人もいるから


その人その人のペースをそばでみながらサポートしていく必要がある。


「なかなか会う時間が取れなくて・・・・」と言って(女性が多いが)


3週間も間があくような交際はする意味がないと思うから「もうやめては?」と提案する。


婚活の優先順位は何位?


ここは知り合いを増やすところじゃないし。


保険のようにおいておくのはおかしい。


それに今まで見ていて思うけれど男女共に会いたいと思えば、

たとえ忙しくても時間は取るから。


目標設定したら途中であきらめない。


目標設定をしたこと忘れず。


淡々と進む事。


一喜一憂しない。


プロフィールをみて過度な期待も持たない。

過度の期待を持つから会った時のがっかり度で疲れてしまう。


次にお茶が飲めたらもう一度会ったほうがいい。


良いところを探す努力を続けましょう。


相手から選ばれてはじめて交際成立になることを忘れずに










最新記事

すべて表示

婚活が続けられない女性

ここにはいい人がいません。 会いたい人がいません。 そういう女性はだいたいやめていく。 続けることができない。 IBJが約9万人 TMSが約8万人 その中で会ってみたい人がいないという。 共通するのは自分が申し込んだスペックの良い男性からことごとく断られるケースだ。 プライドだろうか。 今はマッチングアプリがあるけれど、 スペックの高い男性を求める女性はマッチングアプリでだまされる率が高いと言われ

家事が一番重要?

相談所から電話。 「御社の会員男性の事で聞いてほしいというのでお聞きします。」 「○○番号の方ですが家事はちゃんとやれますか?どのぐらいやれますか?」 唐突な質問だった。 「もちろん大丈夫です。彼は一人暮らしが長いので全然心配はありません.......」と答えたら 安心して女性に伝えるのだろう。 それを聞いて女性は申し込むのだろうか。 プロフィールを見た段階でお見合いにもなっていないのにカウンセラ

条件に合う女性を探す男性

女性はお相手の男性に対して学歴や年収など普通以上という漠然とした条件を最初に選ぶ傾向にある。 男性は顔と年齢で選ぶ人が多い。 今回会員の相手の男性は彼女がリモートであることも条件だったようだ。 自分が地方に住む親と同居する時にリモートだとどこでも行けるからだと。 子供ができたときの教育や二人の生活など人生設計がすべてできているようでそんな話のオンパレード。 そもそも仮交際2回しか会っていないから彼

Comments


bottom of page