top of page
  • 執筆者の写真和田みつり

婚活を邪魔しているのは母親だ

プロフィール交換会ではなく釣書交換というのがある。


それこそ世の中の有名な企業や政治家のご子息やご息女だったり


有名な音楽家など様々な方をお預かりしている仲人さん達が周りにいる。


システムに顔をのせたくないという場合もあるけれど


一番大きいのは両家の釣り合いを見るのだろう。


結婚相談所のシステムでは、家族のプロフィールも最低限わかる。


だけどそれ以上はない。


ある釣書を見てあるお母様はお相手のお父様もご本人も素晴らしい大学を出ているのに


お母様が高卒だったという事で


うちには合わないといって本人に釣書がいく前に断られた。


合わないと言ったそのお母さまの釣書を見て、


あるお母様が、聖心や白百合レベルの女子大卒でないことを理由に断った。


ご紹介の前の段階で「家族全員が大卒でないと受けないお家なの」といわれることもある。


学歴と会社名 どのぐらいの資産があるか。


トータル的に合格しているお家であるかが大事。


だから本人の年収を聞かれることはほとんどない。


お母様の段階で断るのではなく、本人まで釣書がなかなか届かない。


たまにお父様が出てくる場合もある。 


私のところの会員の場合はお父様だから


お父様に現状を報告する。


でもそれはまれなケース。たいてい母親だ。


自分が相手を選ぶという事は相手も選んでいるという事を皆さん気づいているだろうか。


私の大学時代の知り合いの息子さんの釣書が回ってきた。わぁ!懐かしい。


彼女の息子さんの写真を初めて見る。


「この男性にどなたかいないかしら。相当な面食いなのよ」と仲人さん。


全てにバランスが良く婚活市場ではもてる男性だ。


38歳。。。。なのにお母さまがとてもうるさいという。


息子に紹介された女性の釣書を見て、いちいち難癖つけるし、


やっと本人に釣書がいっても


彼自身が綺麗な人ばかりの釣書が送られてきているので、目が肥えてなかなかうんと言わないらしい。


そうこうしている内にまた違う仲人さんから彼の同じ釣書が回ってきた。


お母様があちこちに頼んでいるのだろう。


仲人さんは皆同じことを言う。


「難しいおうちなのよ。」


彼女は学生時代、普通のどちらかというと地味な女性だったし、

そこまですごいおうちに嫁いでいるわけではなかったのに


どこでどう彼女自身の市場価値が高まったのだろう。


息子さんは未だ独身だ。





最新記事

すべて表示

婚活が続けられない女性

ここにはいい人がいません。 会いたい人がいません。 そういう女性はだいたいやめていく。 続けることができない。 IBJが約9万人 TMSが約8万人 その中で会ってみたい人がいないという。 共通するのは自分が申し込んだスペックの良い男性からことごとく断られるケースだ。 プライドだろうか。 今はマッチングアプリがあるけれど、 スペックの高い男性を求める女性はマッチングアプリでだまされる率が高いと言われ

家事が一番重要?

相談所から電話。 「御社の会員男性の事で聞いてほしいというのでお聞きします。」 「○○番号の方ですが家事はちゃんとやれますか?どのぐらいやれますか?」 唐突な質問だった。 「もちろん大丈夫です。彼は一人暮らしが長いので全然心配はありません.......」と答えたら 安心して女性に伝えるのだろう。 それを聞いて女性は申し込むのだろうか。 プロフィールを見た段階でお見合いにもなっていないのにカウンセラ

条件に合う女性を探す男性

女性はお相手の男性に対して学歴や年収など普通以上という漠然とした条件を最初に選ぶ傾向にある。 男性は顔と年齢で選ぶ人が多い。 今回会員の相手の男性は彼女がリモートであることも条件だったようだ。 自分が地方に住む親と同居する時にリモートだとどこでも行けるからだと。 子供ができたときの教育や二人の生活など人生設計がすべてできているようでそんな話のオンパレード。 そもそも仮交際2回しか会っていないから彼

Commentaires


bottom of page