top of page
  • 執筆者の写真和田みつり

婚活勘違い女子

折角仮交際になったのに デートの約束がとんでもなく先にする女性がいる。


婚活の優先順位が低い。


習い事があって とか


友達と出かけるんです とか言う。


3週間も4週間も間をあけると相手の顔の印象も薄れてしまうし

話した内容も忘れてしまう。


男性もそんな先になるとモチベーションが落ちてしまう。


自分のあいた隙間でお見合いをする。デートをする。


あくまでも自分優先。相手の都合は考えない。


時々結婚する住まいを最初から決めている女性がいる。


相模原に来てくれる人  横須賀に来てくれる人  水戸に来てくれる人


ニッチな場所を指定して、そこに来てくれる人でなければお見合いをしないという女性たちがいる。


そこには住まいは相手と話し合いをしたり、歩み寄ろうとする気持ちが全くない。


自分本位。自分が相手を選ぶ立場だと勘違いしている。


私のところの会員の中に


「転勤も大丈夫です。色々な場所に行くのも楽しいですから・・・」なんて可愛いことをいう女性もいる。


東京を絶対離れたくないという女性。「転勤無理です」っていう女子も多いなか......


仮に転勤がないとしても 


最初から譲れない住まいを条件に言ってくる女性と男性はどちらと結婚したいだろうか。








最新記事

すべて表示

婚活が続けられない女性

ここにはいい人がいません。 会いたい人がいません。 そういう女性はだいたいやめていく。 続けることができない。 IBJが約9万人 TMSが約8万人 その中で会ってみたい人がいないという。 共通するのは自分が申し込んだスペックの良い男性からことごとく断られるケースだ。 プライドだろうか。 今はマッチングアプリがあるけれど、 スペックの高い男性を求める女性はマッチングアプリでだまされる率が高いと言われ

家事が一番重要?

相談所から電話。 「御社の会員男性の事で聞いてほしいというのでお聞きします。」 「○○番号の方ですが家事はちゃんとやれますか?どのぐらいやれますか?」 唐突な質問だった。 「もちろん大丈夫です。彼は一人暮らしが長いので全然心配はありません.......」と答えたら 安心して女性に伝えるのだろう。 それを聞いて女性は申し込むのだろうか。 プロフィールを見た段階でお見合いにもなっていないのにカウンセラ

条件に合う女性を探す男性

女性はお相手の男性に対して学歴や年収など普通以上という漠然とした条件を最初に選ぶ傾向にある。 男性は顔と年齢で選ぶ人が多い。 今回会員の相手の男性は彼女がリモートであることも条件だったようだ。 自分が地方に住む親と同居する時にリモートだとどこでも行けるからだと。 子供ができたときの教育や二人の生活など人生設計がすべてできているようでそんな話のオンパレード。 そもそも仮交際2回しか会っていないから彼

Comentários


bottom of page