top of page
  • 執筆者の写真和田みつり

スペックの良い男性が決まらない理由とは

更新日:2022年8月17日



提出書類がたくさんあり、費用もかかる結婚相談所。

だけど真剣に結婚したいと思っている男女だけが集まってくるから

結婚までが早い。


本人の事はプロフィールの表面的な事しかわからないから、

女性達は、顔の雰囲気や、学歴、年収 身長などから総合的に判断して選ぶ。


結婚は生活だから、年収低い人より高い人の方が安心だろうし、


学歴も自分が大卒なら、高卒より大卒の方を選んでしまう。

仕方ないと思う。


自分のお父さんが与えてくれた環境が基準になってしまう女性達も多い。

若いこれからの男性に求めてしまうのは無理というものだ。


彼らの伸びしろを見てほしい。


その条件面からはいってしまうために起こってしまうことがある。


それが・・・・


学生時代 もてなかった男性達


社会人になっても女性から声がかかることがなかった男性達


その男性達が結婚相談所に入ると急にもてだす。


びっくりするぐらいにもてる。


「学歴」と「年収」と「標準的な体系」とスタジオで撮った「笑顔の写真」


本人もびっくりするぐらいのお申込み。


勘違いしてしまう。


僕って本当はもてるんだ・・・・


いやいや  地上ではもててないの。

君は普通なの。


ところが、ところが、綺麗な人からたくさんのお申込みがくると

どんどん相手へのレベルがあがってしまう。


月に50人から100人近くの申し込みがきたら


迷いに迷うだろう。


まだ他に綺麗な人がいるんじゃないか、まだ他に、まだ他に....と困ったループにはまりこんでしまう。


ここから結婚相談所でスペックの良い男性達は彷徨い歩きはじめる。


私がまだ相談所を起業して間もなく、入会した男性もそういうタイプだった。


「和田さん 僕をそっとしておいてください」と彼は言った。


嬉しくて嬉しくて仕方ない様子。


だって30半ばにしてこんなに女性にもてた経験がなかったわけだから。


爽やかな男性でプロフィールは完璧。30半ばは一番望まれる年齢。


でも優柔不断に加えて女性慣れしていない。


結婚相手を探すというよりお見合いが楽しくて仕方ない様子。


「それではだめなのよ...」って何度も面談。私も経験が今ほどではなかったし、

初めてのそういう男性への導き方がよくわかっていなかった。


ちょっと厳しく言うと「和田さんは僕のガラスの心を傷つける」


はぁ????


何年も沢山お見合いをするので、親しい相談所からは「お見合い大魔王の彼ね」って

段々顔が知られるようになり、


彼には「相談所に知れ渡り、結婚を真剣に考えていないと思われて、その内お見合いの申し込みもこなくなるのよ。」と警告する。


そしてようやく真剣交際の相手に出会ったのに。

これまた優柔不断が出て( ;∀;)


交際相手の女性が業を煮やして、彼女から「別れる」と言われ、彼が飛んできた。


「和田さんどうしよう。」


「あのね。彼女を逃したら一生結婚できないから。何年結婚相談所にいるつもりなの」と突き放す。


無事成婚した後、すぐに地方にいらっしゃるご両親へご挨拶にもいき、結婚式もすぐ決まり

お子さんもすぐできて


彼が言った言葉。


「なんであんなに時間がかかったのか、決められなかったのかわからない。。。。」


綺麗な人たちからたくさんお申込みがきたから


人生初めての事だったから、


魔法にかかったように、キラキラピカピカした女性達の間で彷徨い続けた彼。


数々の経験をしたからスペックの良い男性を彷徨うようにはしないように気をつけている。


そういった男性は結婚が目的より、お見合いが目的になってしまっている。


折角交際になって次に会う日程を決めるのに、


「僕 来週も再来週もお見合いが続いていて。。。。」とか


「交際している女性が3人いるので。。。」とか


はぁ????

それ今交際している女性に言う?


なのに女性達もスペックの良い男性を逃してはならないとばかりに


「こんな風に言われたんですけれど・・・・」って言いながらも彼らの予定に合わせようとする。


スペックが良い男性でも、そんな事に惑わされず、

さっさと相手を見つけて半年以内に決まる男性達も多い。


「あの素敵な彼は?」って相談所に聞くと


「もうとっくに成婚退会したわよ」


よく仲人さんの間で交わされる言葉。


彷徨い続ける男性は、自分でも気づいていないかもしれないけれど

相手の女性への希望条件がますます~ますます~高くなっていく。


目が肥えてしまうから。


綺麗で

スタイルも良く

女子アナみたいな雰囲気で

知的さもあり

可愛げもあり

話のレベルもあって

家庭的で

お料理も上手で・・・・・


自分の両親兄弟ともうまくやっていけるような女性ならと言い


自分が選ぶ立場だと勘違いしている。


いるでしょうか?そんな女性が・・・


そういう男性とお見合いしても、交際しても

ちょっとしたことですぐ断ってくる。


一つ一つのご縁を大事にしない。


そうやってまだずっとお見合いを楽しんでいる男性達がいる。

だから決まらない。


「だって他にたくさん僕に申し込んでくるんだもん・・・」って感じ。


あれから何年活動しているんだろう・・・・


残念な結果になっているスペックの良い男性達をたくさん見てきた。


男性にも売れ時というのがある。


入会して半年を目標に決めよう!!!













最新記事

すべて表示

婚活が続けられない女性

ここにはいい人がいません。 会いたい人がいません。 そういう女性はだいたいやめていく。 続けることができない。 IBJが約9万人 TMSが約8万人 その中で会ってみたい人がいないという。 共通するのは自分が申し込んだスペックの良い男性からことごとく断られるケースだ。 プライドだろうか。 今はマッチングアプリがあるけれど、 スペックの高い男性を求める女性はマッチングアプリでだまされる率が高いと言われ

家事が一番重要?

相談所から電話。 「御社の会員男性の事で聞いてほしいというのでお聞きします。」 「○○番号の方ですが家事はちゃんとやれますか?どのぐらいやれますか?」 唐突な質問だった。 「もちろん大丈夫です。彼は一人暮らしが長いので全然心配はありません.......」と答えたら 安心して女性に伝えるのだろう。 それを聞いて女性は申し込むのだろうか。 プロフィールを見た段階でお見合いにもなっていないのにカウンセラ

条件に合う女性を探す男性

女性はお相手の男性に対して学歴や年収など普通以上という漠然とした条件を最初に選ぶ傾向にある。 男性は顔と年齢で選ぶ人が多い。 今回会員の相手の男性は彼女がリモートであることも条件だったようだ。 自分が地方に住む親と同居する時にリモートだとどこでも行けるからだと。 子供ができたときの教育や二人の生活など人生設計がすべてできているようでそんな話のオンパレード。 そもそも仮交際2回しか会っていないから彼

Comments


bottom of page