top of page
  • 執筆者の写真和田みつり

死別した場合の相手を選ぶ結婚の難しさ

更新日:6月27日

今まで死別した女性や男性の婚活を見て思うのは


前のご主人や奥様とどうしても比較することだ。


ある女性は57歳。


ご主人は45歳で亡くなられた。


そのご主人の面影と比べるから自分が57歳にもなっているけれど

相手の男性がとてもおじいさんに思うらしい。


65歳の女性は15年以上前にご主人と死別したけれど


とても素敵なご主人だったそう。

尊敬できて大事にされたあんな人とはもう出会えないと言うと......


そんな思いが強いとそれ以上の人に出会える確率はかなり低い。


61歳の男性。奥様が自分より8歳も下だから自分が先に死ぬと思ったのに

脳溢血であっけなく亡くなってしまったそうだ。

お料理が上手だったからお料理が上手な人が良いとそれを希望欄に書いてしまう。


書かない方が良いというのに。


案の定、女性陣からプレッシャーだと言ってお申込みを受けてもらえない。


その点 離婚した人はさばさばして


前のような人じゃない相手が良いという。


その方が探しやすい。



最新記事

すべて表示

婚活が続けられない女性

ここにはいい人がいません。 会いたい人がいません。 そういう女性はだいたいやめていく。 続けることができない。 IBJが約9万人 TMSが約8万人 その中で会ってみたい人がいないという。 共通するのは自分が申し込んだスペックの良い男性からことごとく断られるケースだ。 プライドだろうか。 今はマッチングアプリがあるけれど、 スペックの高い男性を求める女性はマッチングアプリでだまされる率が高いと言われ

家事が一番重要?

相談所から電話。 「御社の会員男性の事で聞いてほしいというのでお聞きします。」 「○○番号の方ですが家事はちゃんとやれますか?どのぐらいやれますか?」 唐突な質問だった。 「もちろん大丈夫です。彼は一人暮らしが長いので全然心配はありません.......」と答えたら 安心して女性に伝えるのだろう。 それを聞いて女性は申し込むのだろうか。 プロフィールを見た段階でお見合いにもなっていないのにカウンセラ

条件に合う女性を探す男性

女性はお相手の男性に対して学歴や年収など普通以上という漠然とした条件を最初に選ぶ傾向にある。 男性は顔と年齢で選ぶ人が多い。 今回会員の相手の男性は彼女がリモートであることも条件だったようだ。 自分が地方に住む親と同居する時にリモートだとどこでも行けるからだと。 子供ができたときの教育や二人の生活など人生設計がすべてできているようでそんな話のオンパレード。 そもそも仮交際2回しか会っていないから彼

Commenti


bottom of page